高知大学教育学部

   附属教育実践総合センターニュース

No.71

平成152003)年1125

 国立大学教育実践研究関連センター協議会へ参加

センターの今後の活動にも大いに参考になる!!

 平成151013日(月)に岩手大学(盛岡市)にて,第63回国立大学教育

実践研究関連センター協議会が行われました.当センターからは,教育臨床部門

専任教官の古口高志さんと同客員教授の植田幸作さんが参加しました.協議会の

内容は,以下の通りです.

 ≪総 会≫

報告 2003年度アジア太平洋教育工学東京セミナー・ワークショップ/

不登校研究会/教員養成大学において育成する教師の職能基準と講義科

目との対応

質疑:平成14年度決算/平成15年度予算中間報告/

「IT教育支援協議会」への参加

全体討論 :「学部・センターの再編・統合・改組に関する情報交換」

各センターからの報告

「全体討論」においては,富山大学,岐阜大学,鳥取大学,島根大学,静岡大学,

北海道教育大学,山口大学の担当者から,それぞれ自大学の現状および今後のプラ

ンが報告されました.いずれの大学も,“再編・統合”という全国的な流れに伴う

課題を抱えている一方,逆にその課題を契機として,研究,教育,臨床,地域貢献

活動の質・量向上をはかるための取り組みや計画がなされていることがうかがい知

れました.

≪分 科 会≫

 二人が参加した部門会議(教育臨床部門)では,不登校の問題についてインテンシ

ヴに研究を進めるべく「不登校研究会」発足の提案がなされ,その目的や内容について

議論が交わされました.

 

 

応用実習報告・

課題研究発表会 

 本年度は,42名(学校教育教員養成課程34名,生涯教育課程8名)の学生が,各自の問題意識に

基づいた課題を設定し,2週間の応用実習に参加しました.その成果を発表する会ですので,アドバ

イザーの先生方はもとより,多くの先生方の参加をお待ちしています.

 わたしたちが育てた教師の卵が,子どもたちや先生方,また地域の人たちとの関わりあいの中で何

を学び,どのように成長してきたかを見て下さい.

日時 : 2003年11月26日(水)午後1時〜3時55分

場所 : 教育学部51番教室

報告者 : 10名

 

フレンドシップ事業

550名を超える参加の地域交流活動

― テレビ放送でその様子が紹介される ―

 

1124日に,青少年育成協議会Aブロックとの共催で地域交流活動を開催しました

.参加児童318名,大学生104名,さらに青少協や保護者,教職員などを含めると総

550名を超える大規模な企画となりました.

本年度の活動は,午前中は10グループに分かれて,「おいしいお菓子作り大作戦【クッキー

&ミルクセーキ】」「ジャンボ!!シャボン玉に入ろう」「ロケットを飛ばそう!」「カラフルなロウソクを

つくろう!!」などを行いました.午後からは2つの体育館で,「じゃんけん列車」「ボール運びゲーム」

「○×クイズ」を行いました.

教員を目指す大学生は,今までに経験したことがないような大規模な企画の開催にあたり,企画

内容の検討や時間・場所の管理等に関わる中で,いくつもの課題にぶつかりながら,企画立案

から実施運営に関する多くのことを学びました.また,本活動を通して,子ども達との関わり方や

ひとりひとりの子どもを大切にすることなども学びました.将来教師になる学生にとって貴重な体

験になりました.

また,フレンドシップ事業プロジェクトでは、9月に御畳瀬小学校(参加児童38名)、

10月に一宮小学校(参加児童100名)の環境ボランティア活動を、10月に土佐山小学校

(参加児童47名)のふれあい活動を無事終了しました。

 

不登校に関するシンポジウムを開催しました

当センターでは,不登校問題は今や教育関係の問題のみに止まらず,社会問題化しており,

その解決が強く叫ばれているとの認識のもと,平成151011日(土)13301630

まで,高知大学共通教育棟2号館212教室において,標記シンポジウムを開催しました.

参加者は,小中高等学校教員,教育関係者および保護者など約120名でした.

 本シンポジウムでは,

@不登校に関する基本的なとらえかた

A学校現場における取り組みのありかた

B学校外の関連機関との連携のありかた

の3つの視点から,徳永智恵子氏(高知県心の教育センター),森下英貞氏(県立高知北高校教諭),

中岡和夫氏(はまゆう教育相談所長),児玉恵美氏(土佐市教育研究所研究教諭),土屋政雄氏

(岡山大学教育学研究科)に登壇していただき,それぞれの立場からの提言をおねがいしました.

フロアーとも質疑が交わされ,議論が深まりました. 

 

編集・発行 高知大学教育学部附属教育実践総合センター

責任者   國本 景亀

所在地   〒780−8520 高知市曙町2-5-1 

Tel&Fax 088-844-8457